現役神主さんがいつも使う赤ちゃんの名づけ(命名)方法徹底解説

和氣流姓名学

山名令修本人写真

山名令修 Yamana Reishu

10000件の名づけ・改名

30000件の鑑定実績

わが子に“幸多かれ”と願いをこめて。

お腹の赤ちゃんに人生最高のプレゼント!
30,000件の鑑定を行ってきた神主さんの考え方で
将来が開けた名前を考えてあげませんか?

「和氣流姓名学」セミナー開催

~このセミナーだけで赤ちゃんの名づけの悩みから解放されます~

統計データと数々の実績、従来の姓名学と一線を画す
和氣流独自のメソッドを主軸としたセミナーです。

神事行事の中でたくさんの名づけに関する悩みをお聞きし、
個別に解決してきました。その内容を一挙大公開します。

名づけの際のよくある悩み

悩み事例1そもそも、何を基準に名前を考えればよいかわからない!
➡︎50年の研究を重ねられた「和氣流姓名学」に基づく考え方が身に付きます!
悩み事例2字画より「呼び名」や「響き」を大切にしたい!
➡︎お母さん、お父さんの意志を踏まえ「字画」にばかり縛られない考え方が身に付きます!
悩み事例3漢字の「意味」を知りたい、大切にしたい!
➡︎旧字も考慮し、日本古来の漢字の意味を取り入れます。
悩み事例4キラキラネームでもシワシワネームでもいいの?
➡︎名づけに決まりはありません!コツを抑えればどんな名前でも子供の将来を導けます!

和氣流姓名学とは

1928年(昭和3年)に公式発表された熊崎式姓名学は、1世紀の時を経て現在でも多くの方々の信頼を得ています。この熊崎式姓名学を、古神道の神主として奉職しながら、数々の会社経営者としても成功を収め、神事と仕事の二刀流で生きてきた和氣正京が50年の歳月をかけ、現代のライフスタイルに調和させた姓名学が、和氣流姓名学です。
これまで、赤ちゃんの名づけや、事業経営者様の人生を賭けた“改名”を合計10,000名の方に行ってきました。

講師紹介山名 令修(やまな れいしゅう)
これまで、数々のご先祖様のお祭り(祖灵祭)に参加させていただいております。
両親、ご先祖様を大切にすることは日本人が一番大切にしてきたことであり、自身のルーツを知り、ご先祖からのエネルギーをいただくことにつながります。
そのご先祖様からいただいた質を紐解き、長所を伸ばし、迷いなく人生を明るく歩めるようサポートすることが私の使命です。
そのため、和氣正京の教えを軸に植物系十二星☆三魂法と和氣流姓名学を用いて、人々の長所を伸ばし、名前という乗り物を整え、日本のみならず世界に羽ばたく人材育成とチームを作るための挑戦をし続けております。

よくある質問

質問そもそも、何を基準に名前を考えればよいかわからない!
A:50年の研究を重ねられた「和氣流姓名学」に基づく考え方が身に付きますのでご安心ください。
質問漢字の「意味」を知りたい、大切にしたいのですが。
A:旧字も考慮し、日本古来の漢字の意味を取り入れます。
質問その他、ただいま準備中です。
A:順次掲載していきます。

メッセージ

これまで、和氣流姓名学では、神行事内でご紹介者様限定で赤ちゃんの名づけをしてきました。
その中で、何とかこの名づけの方法をもっと広めてほしい!第二子、第三子にも同じ考え方で名づけがしたい!というお声をに押され、和氣流姓名学の産みの親(講師の父)“和氣正京”に相談しました。
その結果、「学んで頂けるのも嬉しい事だ」という意見を頂き、どうせやるならわかりやすい教材も作って…という結論にいたり募集を始めました。
全セミナー、大人数にならないよう、参加できる人数に制限を設けております。

現在、セミナー情報掲載準備中です。

先着順となってしまいますので、少しでも興味がある方は
お早目に相談だけでもしてみてください!